朝鮮通信使の歴史と日韓友好への思いを共有

日光東照宮から栃木縦走スタート

「ピースロード2021・イン・栃木」が7月25日に開催され、スタート地点の日光東照宮で行われた開会式には、ライダーや実行委員会役員、サポーターなど約200人が集まり、世界平和や日韓友好の大切さを共有しながら、ピースロードの意義を再確認しました。

開会式には、ピースロード中央実行委員会の梶栗正義委員長(UPF-Japan議長)をはじめ、方相逸(バン・サンイル)中央実行委員会常任顧問、田中富広首都圏実行委員会委員長も駆けつけ、ライダーを激励しました。

梶栗委員長は、「2021年は文総裁が韓国ソウルで日韓トンネル、国際ハイウェイ構想を提唱してから40年を迎える年であり、それに合わせるかたちでUPFがピースロードを世界的に主催し、日韓トンネル、国際ハイウェイにつながるものとして引き継がれている」と述べ、ピースロード運動の意義を強調しました。

その後、ライダー代表が力強く宣誓を行い、サポータの熱い激励を受けながら縦走をスタートしました。ゴールの栃木県庁までの約40キロ走破を目指して汗を流すとともに、途中、日光市の「朝鮮通信使今市客館跡」を訪ね、両国友好に汗を流した歴史上の人々に思いと敬意を寄せながら、周辺の掃除活動を実施。今後の日韓友好に思いを込めた縦走となりました。